カラリエ機種の違い

【FK-W1】と【KFK-401】4つの違いを解説!アイリスオーヤマ布団乾燥機カラリエ

FK-W1とKFK-401の違い

アイリスオーヤマ布団乾燥機【FK-W1】と【KFK-401】は、ともにツインノズルの布団乾燥機という点では同じです。

しかし、大きく4つの違いがあるので分かりやすく簡単にまとめてみました!

【FK-W1】と【KFK-401】の違い①:パワー

あたためモード 20分⇒5分
冬モード(あたため) 60分⇒30分
夏モード(乾燥&排熱) 60分⇒30分
ダニモード(50℃以上) 100分⇒80分

アイリスオーヤマ布団乾燥機【FK-W1】と【KFK-401】の一番の大きな違いは、パワーの違いです!

消費電力で比較すると、【KFK-401】の方が約1.3倍のパワーがあります。

上記の表のように、あたため時間に大きな差が出ます。

【FK-W1】と【KFK-401】の違い②:あたため予約&保温機能

【FK-W1】と【KFK-401】の違い予約&保温
【KFK-401】にはあたため予約&保温(最大2時間)機能がついているので、使い勝手が良くなっています。

特にあたため予約機能は、毎日決まった時間に自動であたためをしてくれるので、利用者の口コミでも冬場に評判の良い機能です!

【FK-W1】と【KFK-401】の違い③:フラップが改善

【FK-W1】と【KFK-401】フラップの違い
【KFK-401】はフラップの高さが少し高くなり、より奥に温かい空気を届けることができます。

また、左右に羽根を付けることで安定し、フラップの転倒を防ぐことができます。

【FK-W1】と【KFK-401】の違い④:付属品

【FK-W1】と【KFK-401】付属品の違い
どちらにも「くつ乾燥アタッチメント」は付いていますが、【KFK-401】には「ダニ撃退ふとん乾燥袋」「アロマケース」が付いています。

「ダニ撃退」を効率的にやりたい人は、単品で購入するよりも安く「ダニ撃退ふとん乾燥袋」が入手できるので【KFK-401】を選ぶと良いでしょう!

【FK-W1】と【KFK-401】の違いまとめ!

モデル名 FK-W1(ノーマル) KFK-401(ハイパワー)
KFK-W1 KFK-401
公式サイト参考価格(税込) 16,280円 25,080円
ハイパワー
(ターボモード)
なし あり
消費電力 760W 1000W
電源 AC100V、50/60Hz AC100V、50/60Hz
ホースの長さ 75㎝ 80㎝
コードの長さ 約1.9m 約1.9m
あたため予約 なし あり
保温モード なし あり(最大2時間)
大きさ 幅16.8㎝×厚さ19.5㎝×高さ36㎝ 幅16.8㎝×厚さ21.3㎝×高さ37㎝
重さ 約2.2kg 約2.1kg
タイマー 8段階(15・30・45・60・75・90・120・180分) 9段階(5・15・30・45・60・75・90・120・180分)
安全装置 3つの安全装置(温度、サーモ、ヒューズ) 3つの安全装置(温度、サーモ、ヒューズ)
1カ月電気代(目安)
1Kw=20円で計算
1日1時間利用時:
約456円
1日1時間利用時:
約600円
付属品 くつ乾燥アタッチメント×2 ダニ撃退ふとん乾燥袋アロマケース+脱脂綿3、くつ乾燥アタッチメント×2

アイリスオーヤ布団乾燥機(カラリエ)ツインノズルの主力モデル「KFK-W1」と「KFK-401」の違いをまとめてみました!

「あたため予約・保温モードの有無」、「ダニ撃退ふとん乾燥袋の有無」、「パワーモードの有無」の3つの点が大きな違いと言えます。

FK-W1(ノーマル)KFK-401(ハイパワー)

こちらのページもぜひ参考にしてください♪
アイリスオーヤマ布団乾燥機(カラリエ)の全機種を比較!